2024年04月26日

防火シャッター用安全装置に搭載する予備電源を
“環境への負荷低減”と“ランニングコスト低減”を両立した
「ニッケル水素蓄電池」に切り替え
~交換時期が約10年に延長で交換頻度が半減~

 文化シヤッター株式会社(社長:小倉 博之)では、火災時に作動する防火・防煙シャッターの閉鎖中に人が挟まれる事故を防止するため、標準装備されている安全装置「危害防止装置」に搭載する予備電源を、“環境への負荷低減”と“ランニングコスト低減”を両立した「ニッケル水素蓄電池」に、2024年6月3日より順次切り替え(※)ます。
※ニッケル水素蓄電池への切り替えは、同一物件での従来タイプとの混在を避ける等の理由から順次の切り替えの対応となります。


ニッケル水素蓄電池の採用で“環境への負荷低減”と“ランニングコスト低減”を両立ニッケル水素蓄電池

 防火・防煙シャッターは、火災による煙や熱を感知すると自動で閉鎖し、煙の拡散や延焼を防ぐために設置される特定防火設備です。この防火・防煙シャッターが閉鎖中に火災や停電により一次側電源が切れた場合でも、人が挟まれる事故を防止する危害防止装置が正常に作動するよう、危害防止用連動中継器(以下、連動中継器)には予備電源が内蔵されています。
 この連動中継器用の予備電源にはこれまで、交換時期が約5年の「ニッケル・カドミウム電池」を採用していましたが、このほどカドミウムを使用しない「ニッケル水素蓄電池」に変更したことにより、環境への負荷低減を図っています。
 また、予備電源の交換時期が従来に比べて2倍の約10年に延長したことで交換頻度が半減することから、お客様にとってはランニングコストの低減につながります。


予備電源交換時期のお知らせ予備電源の交換時期を手動閉鎖装置の非常用シャッター閉鎖ボタンの点滅でお知らせ

 連動中継器の予備電源の交換時期については、手動閉鎖装置の非常用シャッター閉鎖ボタンが点滅するほか、同装置の表面に交換時期を記載した蓄電池交換時期シールを貼付していますので、弊社とお客様の双方で交換時期を情報共有できる安心してご使用いただける仕組みになっています。




BXグループ環境ビジョン  当社グループは2021年には脱炭素社会に向けた取り組みを加速させるため、2050年に事業活動における温室効果ガスの実質排出量ゼロをめざす「2050年脱炭素宣言」を行い、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)への賛同を表明しました。そして、2022年度には環境ビジョン「Blue neXpand 2050~未来にひろげよう青空を~」を策定し、環境に与える負の影響を軽減する地球温暖化防止だけでなく、サステナビリティを追及した取り組みを進めています。
 このたびの連動中継器に用いる「ニッケル水素蓄電池」への切り替え(※)もこの取り組みの一環であり、今後も引き続き、地球環境への負荷を軽減する取り組みを積極的に進めてまいります。


コードリールの構成図